%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bcx4%e8%a6%96%e8%81%b4%e7%8e%87%e3%83%ad%e3%82%b401

【2016年11月17日】ドクターX4の第6話の視聴率がすごい!PMPMが貢献した?

この記事では、2016年の11月17日に放送されました、ドクターX4第6話視聴率について書きたいと思います。


平均視聴率が20%を超えるドクターX4ですが、今回はの平均視聴率は、

21.5%

です!!



【スポンサーリンク】


第6話でもっとも視聴率が高くなったのはどのシーン?

今回のドクターXの第6話は、個人的には海老名敬(遠藤憲一さん)の登場や、蛭間の失脚危機など、ストーリー展開に重要な回だと思っていました。


しかし、ふたを開けてみたら、まさかのコメディ感満載で、お笑い要素たっぷりの回になりました。


もちろん、ストーリーの今後に影響与えていることは間違いないんですけど。


そんな第6話の中の最高瞬間視聴率は、

23.9%

でした!


他の番組ではあり得ないほどの高視聴率ですよね。。。


最高瞬間視聴率を記録したのはあのシーン(笑)

ちなみに、この最高瞬間視聴率を記録したのは、21:48ころだそうです。


21:48頃と言えば、蛭間重勝(西田敏行さん)が、海老名敬と交わした誓約書を内科・外科の両部長に処分させてた所に、手術代の請求に来た晶さんが登場します。


そして、いつものようにメロンと請求書を渡し、今回は手術をした人物を明かさないという覚書にサインをするように、覚書とペンを渡します。


受け取った蛭間が、おもむろにペンを取った後まさかの行動にでます!


それがTwitterでも話題になった、今流行しているピコ太郎(古坂大魔王さん)のPPAP(ペンパイアッポーペン)のネタをパクった、『メロンペン』(公式より)を唄いだします(笑)


晶さんがあっけにとられながらメロンペンを見ていたシーンが、第6話の最高瞬間視聴率を獲得。


日本中があっけに取られたと同時に笑いにつつまれたんじゃないでしょうか(笑)


ドクターXファンも驚きだったと思います。

『ドクターX 第6話 蛭間がピコ太郎のPPAPをパクった?メロンペンって(笑)』


結構ひどい事を蛭間がしてたのに、そんな事を忘れさせるシーンでした(笑)



第7話の予告

%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bcx4112403

さて、そんな笑いに笑った第6話から一転(するのかな?)。


武田真治さんと元KARAの知英(ジヨン)さんがゲストとして登場します!


こちらの記事↓

『武田真治 ドクターX 第7話のゲストで出演!役どころや放送日は?』

でも紹介しましたが、武田真治さんと城之内博美役で出演している内田有紀さんは、22年ぶりの共演になるそうです。


武田さんが演じるのは、七尾貴志という耳の聞こえないピアニストで、知英さんはその七尾のアシスタントの七瀬役です。


第6話ではアメリカの学会に参加しているという事で登場しなかった、北野亨(滝藤賢一さん)が七尾の執刀を担当することになりますが、七尾が手術を拒否。


嘘をつく七尾とスーパードクター世界の北野は、どんなやりとりを見せるのでしょうか?


【スポンサーリンク】


まとめ

最近他局のドラマの視聴率が急上昇しているというニュースが話題になっていましたが、それでも10数%台です。


これはこれで凄いことなのですが、ドクターXが20%を超える視聴率を出していることは、他のテレビ局にとっては脅威的な存在ですね。


繰り返しになりますが、視聴者の立場としては視聴率が高いことは嬉しいですけど、ドラマが面白いことや楽しめることが大切だと思っています。


視聴率の為にドラマを作るのではなく、見ている人を楽しませる為にドラマを作って欲しいなと思います。ドクターXのように。


今回のドクターXの第6話ではそういう意味では、文字通り面白さに溢れた回になりました。


第6話を超えるくらい笑っちゃう感じのストーリーは登場するのでしょうか?


笑いの要素は別にしても、益々面白い展開にはなっていくと思います。


次週も楽しみですね!