%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bcx4%e3%80%80%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%bb%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%98

2016年12月8日放送のドクターXの第9話のあらすじ(ネタバレ含む)を予想する!

ドクターXファンのみなさまこんにちは!


この記事では、2016年12月8日放送予定のドクターX第9話について、公開されているあらすじと予告動画からストーリー展開を予想していきます。


第9話には、ドクターXの第2期にも登場した蛭間夫人が久々に登場!


なんとも言えない婦人会の権力や女性同士のドロドロ劇が再びドクターXに帰ってきます(笑)


身近にそんなドロドロ劇が起こるのはかんべんして欲しいですが、ドラマで見るのは楽しいです(笑)


今回は、第9話のあらすじとストーリー展開の予想をしていきます。


念の為、読む方は本編の楽しみが薄れてしまう可能性を考えて、自己責任でお読みくださいね。


それでは、最初にドクターXの第9話の予告動画を見ていきましょう。


ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第9話 予告動画 30秒


【スポンサーリンク】


第9話のあらすじ

今期のドクターXでは、第5話に続いて東帝大学病院のライバルとして慶林大学病院が登場します。


第5話では、明青大学でしたね。


明治と青学をもじっているのでしょうか?


今回の慶林は慶応ですかね?


まぁそれはさておき、次にあらすじを書いていきたいと思います。


長年、東帝大学病院とライバル関係にある慶林大学病院。


そんな東帝大のライバル慶林が、最新の病院ランキングで1位を獲得し、その事が院長・蛭間重勝(西田敏行さん)の耳にも入ってきます。


ライバルの慶林の打倒すべく、蛭間は「打倒慶林!」を合言葉に、医師たちに発破をかけます。


南幾子(草刈民代さん)も、東帝大のランキングアップを目指して奔走します。


その一方で、火花を散らしあうライバルの姿がありました。


片方は、東帝大の院長夫人でもある、蛭間華子(藤真利子さん)率いる、東帝大学病院の婦人会「東帝婦人会」。


もう片方は、ライバル慶林の院長夫人である、鮫島律子(高橋ひとみさん)が率いる「慶林婦人会」でした。


長年の大学病院同士のライバル関係は、当然婦人会のライバル関係とも繋がっています。


二つの婦人会はトップの華子と鮫島を中心にお互いがピリピリムードです。


そんな中、慶林大にも自らの医師たちを雇ってもらおうと営業をかける男の姿が。


神原名医紹介所の所長である神原晶(岸部一徳さん)でした。


晶さんは、大門未知子(米倉涼子さん)を伴って慶林大にも営業をする為に、「東帝婦人会」と「慶林婦人会」の親睦会に参加していたのでした。


仲の良いはずがない、両婦人会がなんで親睦会をするのかと言えば、お互いの自慢話に興じる為だと思いますが、華子と鮫島を中心に熾烈な舌戦が繰り広げられます。


さすがの未知子も、この様子を目の当たりにするもただただ絶句するしかありませんでした。


婦人会同士の舌戦が盛り上がる中で、一人慶林大の婦人が倒れます。


駆け寄った未知子が診断し、東帝大へ緊急搬送することになりました。


倒れたのは、両婦人会の威信をかけた社交ダンスの大会で、慶林婦人会の代表に選ばれていた九条映美(中山忍さん)でした。


華子は倒れたのがライバル慶林の婦人ということで、東帝大で受け入れることに強く反対します。


慶林大へ追い返そうとしますが、当の映美はなぜか未知子の手術が受けたいと言います。


院長の蛭間は、ライバル慶林大に貸しを作っておこうということで、映美の入院を許可します。


しかし、この映美の入院には東帝大を震撼させる事実が。。。


未知子はそれでも映美の手術は自分が担当すると主張しますが、その事実から蛭間は許可を出そうとしません。


慶林大が映美を自分の病院ではなく、東帝大に入院させた理由は?

東帝大を震撼させる事実とは?

未知子は映美の手術ができるのか?


第9話のストーリー展開も波乱が待ち受けていそうですね!



第9話のあらすじ予想

さてさて、ここで第9話のストーリー展開を勝手に予想しちゃいたいと思います!


現時点で分かっているストーリーを簡単に言えば、東帝大のライバル慶林が病院ランク1位を獲得。


蛭間がライバル慶林を打倒せよ!と騒ぐ。


東帝大と慶林大の婦人会の対立の最中で映美が倒れて東帝大に緊急搬送。


しかし、なぜか慶林大ではなく東帝大で手術をさせようとします。


一応蛭間が映美の手術をOKするも衝撃の事実が!


って所までは、なんとなく分かります。


ここで私が気になったのは、

・慶林大が映美を自分の病院ではなく、東帝大に入院させた理由は?

・東帝大を震撼させる事実とは?

・未知子は映美の手術ができるのか?

・そして加地秀樹(勝村政信さん)黄川田高之(生瀬勝久さん)がにらみ合いをしていたのはなぜ?

という点です。


一つひとつ予想していきたいと思います。


【予想その1】

「慶林大が映美を自分の病院ではなく、東帝大に入院させた理由は?」

これは、あきらかに慶林大でリスクのある手術をしたくないからでしょう。


きっと、慶林大で手術をするとなれば、映美の夫である九条泰介(矢柴俊博さん)が手術をすることになります。

しかしその夫の泰介は、『「慶林大」では落ちこぼれ外科医呼ばわりされ、出世も遅い。』とキャラ設定されています。


そんな夫に映美の手術をまかせて失敗したとなれば、東帝大から突っつかれてランキング1位が危うくなります。


なので、鮫島夫人会長は、東帝大で手術をさせようとしたのではないでしょうか?


【予想その2】

「東帝大を震撼させる事実とは?」

この東帝大を震撼させる事実は、映美の手術を東帝大でさせることに繋がりますが、動画の中で「誤診断?切除不能?」とテロップが出ていました。


蛭間が映美の手術を許可したものの、かなり難易度の高い手術になることが予想されます。


慶林大では手術ができないことが分かっていたんじゃないでしょうか?


【予想その3】

「未知子は映美の手術ができるのか?」

最終的に未知子が手術に関わる事は間違いありません。


ただし、出張手術というキーワードが出てことから、夫の泰介が東帝大に出張してくる可能性があります。


しかし、泰介が妻のために難しい手術に挑戦するも緊急事態が発生し、未知子がフォローするという展開になるのではないか?と予想します。


【予想その4】

「加地先生と黄川田がにらみ合っていたのは?」

今回の一番のなぞは、予告動画で加地先生と黄川田がにらみ合っていたシーンです。


前回の第8話では「おいメガネ」と加地先生が言っていたシーンで笑ってしまいましたが、今回はそんな感じでもなさそうです。


あるとすれば、外科に協力しない内科の黄川田に加地先生が腹を立てたのかな?っていうくらいでしょうか。


目の前に苦しんでいる患者がいるのに、未だに外科・内科の無用な院内政治をしようとした黄川田に怒ったんじゃないでしょうか?


いつの頃からか、加地先生はできる男になっちゃいましたもんね。

第9話も予想が難しいですね!


でも、それだけ楽しみが広がります!


【スポンサーリンク】


まとめ

2016年12月8日(木)21:00~

放送される、ドクターXの第9話。


私の予想をまとめると、

・慶林大でリスクのある手術をしたくないから、東帝大に押し付けた。
・九条映美は手術が難しい難病だった。
・未知子は泰介の手術のピンチを救う。
・加地先生と黄川田が睨み合ったのは、外科の要請に応じなかったから。


です。


ドクターXの第9話も楽しみましょう!!