ドクターX4 放送日

ドクターX4 あらすじを予想その1!海外からの医療ツアーが人気!

8月も間もなく終わり、新学期や会社で言えば下期がスタートしますが、日々楽しく頑張る為には面白いドラマが最高ですね!

面白いドラマといえば、ドクターX4こと第四シリーズが2016年10月から放送されます!

高い人気から新しいシリーズの放送が待ち望まれているドクターX4ですが、あらすじはどんな感じになるのでしょうか?

今のところ、オフィシャルの案内は以下の通りです。

舞台は東帝大学病院。

医局が弱体化し、経営部門が支配力を強める中、ブランド力のある医師だけが“病院経営のためだけに”残される大学病院――。
ただの“企業組織”と化した“医療の場”で横行するパワーゲームに、気高き外科医・未知子はどう立ち向かうのか!?
失敗しない女の新たなる戦いの火蓋が遂に切られます!

※オフィシャルより引用


第二シリーズから登場した蛭間(西田敏行さん)がまぁ出世したようですね!

この案内から推測すると、主に院内での権力に未知子が立ち向かうということですが、ポイントは病院経営にありそうです。


少し話はそれますが、最近の傾向として日本の景気の長い低迷からなのか、如何に景気を良くするか?みたいなコメントをどんなニュースを見ていても感じます。

あまりうれしくないのは、オリンピックの金メダルがGDP35兆円とか、東京オリンピックが日本の景気刺激になるというような、本来の意図から外れて政治や経済の視点でしか物事が語られない現状です。


そういった本来あるべき姿から、あくまで経済の枠組みに組み込まれるという風潮が医療に関しても行われているようです。

それを表すかのような以下の記事がありました。

『高い評判と信頼…増える訪日患者 病院や旅行会社、医療ツアーを収益源に』

海外の富裕層が、日本の高い医療とおもてなしの心に魅力を感じて、自国ではなく日本で医療を行うツアーが人気だと言うのです。

なんでもかんでも経済効果の為にすることには賛成できませんが、海外の人が日本の医療に感心を持ち、治療によって健康になり更に日本が好きになってくれるということには賛成です。


第三シリーズでも天堂総長(北大路欣也さん)が、日本の医療制度自体を改革して日本の医療を世界に輸出するという事をしていましたが、日本への医療ツアーも同じスタンスだと言えます。

何度も言いますが、全く反対ということはないのですが、どうも本来は医療行為を行って患者を助ける、患者も健康になるという本来の意図のプライオリティが下がって、どうやって国外から患者を集めてお金を集めるか?という事のプライオリティが高くなってきているような印象を感じます。


お金なんていうものは、目的達成の為の手段でしかないのに、経済的な豊かさ自体には何の価値も無いのに、何故かみんながすごく重要なことで、仕事をするということはお金を生むことだというような勘違いをしていると思うわけです。


ドクターX4では、そういった勘違いをしまくっている人たちを、未知子がバッサリと切って切って切りまくって、スッキリさせてくれるのではないか?と期待しています。


大本のあらすじに関連してくることは無いと思いますが、医療ツアーで如何に病院の経営に貢献するか?のような話は出てきてもおかしくなさそうです。

ドクターXが面白いと思うのは、日本の中で当たり前のようにまかり通っているけど、それってどうなの?という社会的な疑問にもメスを入れるスタンスが、私は面白いなと思います。

もちろん、米倉涼子さんや岸部一徳さんや西田敏行さんなどなど、たくさんの実力ある俳優さんたちの魅力が、ドラマをより一層引き立てているのは間違いありません。


それだけで見る価値があるドラマだと思いますが、社会問題にも目を向けさせる仕組みにも注目していきたいですね。

最後に個人的には、TPPとかの問題にメスを入れて貰えたら最高だなぁと思いっちゃいました。


10月まであと少し・・・

早く始まってくれないかなぁ~

ストーリーについて新たな情報が入ったら更新します!!


【スポンサーリンク】