海老名敬

ドクターx4に遠藤憲一さん演じる海老名はでないの?

ドクターX4の放送日がいよいよ確定しました!

初回の放送日は、2016年10月13日(木)21:00~です。

直前の10月9日(日)13:55~は、ドクターX4の直前スペシャルとして、ハワイロケのバラエティも放送されます!

『ドクターX4の放送はいつ!?特番も放送決定!今度はハワイロケでいたします!』


いまから楽しみ過ぎて、過去作をもう一回見始めたのですが、そういえば今回のドクターX4にはあの強面のドクターの名前が名前がありません。

そう、遠藤憲一さん演じる海老名敬です。


ドクターXの第二シリーズから御意三兄弟の長男として出演して、サラリーマンドクターの悲哀を見事に演じてきた遠藤憲一さん演じる海老名敬。。。

憎めないキャラの海老名敬ですが、ドクターX4では今のところ登場する予定はありません。

一体なぜなのでしょうか?

ちょいと考えてみました。


海老名敬(遠藤憲一さん)が出演しない理由は?

現在のところ、確実に出演しないということは言えないのですが、遠藤憲一さんのHP(コチラ)を見ても、ドクターX4の名前はありません。

代わりに目に入ったのは、大河ドラマである「真田丸」の出演情報です。

上杉景勝として出演されており、重要な役どころを演じています。さすが。


その他には、ドクターX4の放送時間の次の枠である22:00台からドクターX4の初回放送日と同日から始まるドラマの、『Chef〜三ツ星の給食〜』に出演されるようです。

更には11月5日から公開される映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語~』の主演も務めています。


推測としての結論を言うならば、単純に遠藤憲一さんはお忙しいということでしょう。

ドクターX4のドラマの撮影のスケジュールと他の作品のスケジュールが合わなかったというのが、ドクターX4で遠藤憲一さん演じる海老名敬が出演しない理由だと思います。


とても残念ではありますが、7月3日に放送されたスペシャルドラマには出演されていましたし、その時はちゃんと出世もしていたので、ドクターX4の並行するストーリーに海老名敬の存在があることは間違いないと思うので、また別のスペシャルが放送される時には、遠藤憲一さんに登場してもらいたいですね。


【スポンサーリンク】


海老名敬とは?

さてさて、ここで一応遠藤憲一さん演じる海老名敬について書いてきたので、ざっくりと遠藤憲一さんと海老名敬についてまとめておきたいと思います。


最初に遠藤憲一さんのプロフィールから。

本名:遠藤憲一
生年月日:1961年6月28日
出生地:東京都品川区
身長:182cm
血液型:O型


名前は本名で活動されています。

そして、意外に気がつかなかったんですけど、遠藤さん182cmと結構身長が高いんですよね!

更にあの強面なので、実際に会ったらビビっちゃいそうですね。


俳優として活動を開始されたのは、1979年からです。

ただし、生来嫌な事があったら辞めちゃうという気質のようで、一度は劇団を抜けて1983年にドラマでデビューをします。


勝手な印象で遠藤さんとか肝が据わって、一度始めたらストイックに担々と役を演じるイメージがあったので、辞め癖があったとは驚きでした。

今はそんなことは無いのだと思うので、どこかで変わったんだなと思うと、人間いつでも変わる事ができるという勇気をもらいますね。


私が遠藤さんを始めて見たのはどの作品か覚えていないのですが、やたらおっかないというか、狂気にまみれた男の印象がありました。

その後、ドラマで「うわっあの人だ・・・」と思いながらも、結構いいなと思ったのは、医龍でしたね。

天才的なカテーテル治療をする黒木慶次郎を演じていました。


医療系のドラマではチームバチスタにも出演していましたが、私は医龍での印象が強かったので、ドクターXに出演した時には遠藤さん演じる海老名敬のキャラのギャップが凄かったです。

黒木と海老名・・・(笑)

それにしてもふり幅の大きな役を見事に演じる遠藤憲一さん。カッコいいですね~。


海老名敬

海老名敬は、ドクターXの第二シリーズから登場します。

第二シリーズでは蛭間の元で、第二外科の教授を務めています。

よくよく考えれば、教授になるだけでも結構すごいんですけど、周り(特に大門未知子)が凄すぎて、あまり凄さが伝わってきません。

かわりに見えてくるのは、海老名のその優柔不断なキャラと、タイミングを読めない感じや、棚ボタに恵まれる医者である事くらいです(笑)

ドラマの中での経歴は以下の通りです。wikiから引用です。

海老名 敬〈50 → 51 → 53〉 「東帝大学」派閥に属する。

帝都医科大学付属病院第二外科 教授
→ 帝都医科大学付属病院外科主任教授(第2期最終話)
→ 国立高度医療センター東棟外科部長(第3期第1話)
→ 国立高度医療センター戦略統合外科部長(第1話)
→ 国立高度医療センター戦略統合外科統一部長(第6話)
→ 国立高度医療センター戦略統合外科部長(第7話)
→ 国立高度医療センター戦略統合外科統一部長(最終話)
→ 国立高度医療センター戦略統合外科部長兼任国立高度医療センター総長代理(スペシャル)。
生年月日 昭和38年6月28日生
出身高校=栃木県立宇都宮第一高等学校出身


「敵は本能寺にあらず」

ちなみに、私が海老名敬を一気に好きになったのは、第二シリーズの第四話からです。

この回では、蛭間の悪行が書かれている黒革のノートを巡ったストーリーが展開されるのですが、最後に海老名が蛭間の前で「敵は本能寺にあらず」と言って、その蛭間の悪行が書かれたノートを食べちゃうシーンを見て好きになりました(笑)

『ドクターX 2013 第四話の感想【シーズン2】※ネタバレ有り!』

いつも、周りに振り回されて一喜一憂する海老名ですが、憎めないキャラですよね。

えびちゃん・かとちゃん(笑)

もう一つ、私が好きなのは酔っ払いを演じる遠藤憲一さんです。

ドクターX第三シリーズでは、事務局長である加藤と海老名が居酒屋で愚痴のこぼし合いになるのですが、そこで繰り広げられるサラリーマン同士の悲しくも熱い叫びに胸を打たれた人も多いのでは?(笑)

『ドクターX 2014 第七話の感想【シーズン3】※ネタバレ有り』

渡辺いっけいさんと遠藤憲一さんがそれぞれ「えびちゃん!かとちゃん!」呼び合って抱き合うと、お店の他のお客さんが拍手をするのですが、自分がもしその場に居ても同じように拍手を贈っただろうなと思います。

ナイスコンビの居酒屋トークもまた見たいですね。


海老名敬の最終経歴から見るドクターX4の出演予想

周りに振り回されながらも、うま~く出世を続ける海老名敬。

今年7月3日に放送されたドクターXのスペシャルでは、 「国立高度医療センター戦略統合外科部長兼任国立高度医療センター総長代理」というなんとも長ったらしい肩書きを得ることになります。

総長代理ですからね~

これは相当な地位じゃありませんか!


そんな立場であるという事と、かつての上司である蛭間がドクターX4では東帝大学病院の院長になることを考えるとストーリーの中に毎回埋め込むことは難しいとは思いますが、何らかのかたちで協力の要請があってもおかしくないのではないか?と思っちゃいます。

というか、期待したくなりますよね。


連続ドラマの中で出なくでも、スペシャルで見たいと思う海老名敬ファンは結構いると思います。

なんとか出てくれ!とみんなで祈りましょう。


まとめ

当初は、遠藤さんが演じるならもっとドスの効いた、闇ドクター的な感じなのかと思っていたら、なんとも親近感が湧いてくるどこにでもいそうな、院内政治に振り回されるドクターでした(笑)

でも、その強面遠藤さんが演じる海老名敬だからこそ、院内のヒエラルキー上層部と下層部の中間で良い潤滑剤になっていたと思ったんです。

今回、ドクターX4では、国内の病院のトップである東帝大学病院という更に厳しい縦社会においては、特に中間層が重要になるのではないか?と思うと、海老名敬の役目を誰が代わりに担うのか?が気になります。


現段階では、一番近いのは「御意!」が似合う、生瀬さん演じる黄川田か、女好きでのらりくらりと出世した吉田剛太郎さん演じる西園寺が、海老名敬の立ち位置になるのかな?と想像しています。

どんなことになるのかは、ドラマが始まってからのお楽しみです。

10月13日放送開始のドクターX4が本当に待ち遠しいですね!


【スポンサーリンク】