%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bcy1103

ドクターY-外科医・加地秀樹-エピソード6のあらすじとネタバレ、感想など。。。

遂にこの時が来てしまいました(涙)


ドクターY-外科医・加地秀樹-のエピソード6の感想(ネタバレ含みます)を書く時が。。。


ドクターX4が始まる前からワクワクドキドキしながら見ていました。


スピンオフ作品かと思っていましたけど、侮りがたし!な作品でした。


さて、感想は最後にするとして、まずドクターYのラストオペのエピソード6のあらすじ(ネタバレ含みます)から書いていきたいと思います。


ちなみに前回のエピソード5はコチラ↓

『ドクターY-外科医・加地秀樹-エピソード5のあらすじとネタバレ、感想など。。。』


【スポンサーリンク】


ドクターYはやっぱりドクターY

岬健太(三浦貴大さん)三船遥香(宮脇咲良さん)の虫垂がんの手術を開始したものの、なぞの出血が起こっていた。


岬は加地秀樹(勝村政信さん)の指示で止血に神経を集中させていた。


圧迫止血が完了した時に、三船遥香の手術室に入ってきた一人の外科医が。


%e5%8a%a0%e5%9c%b0%e5%85%88%e7%94%9fy1103

驚く岬だったが、加地先生は止血の状態を確認するとすぐにメスを受取り、手術を開始します。


驚くほどの手さばきで手術を勧めていく加地先生。


圧倒的な技術に岬は驚きを隠せないでいた。


そして、無事手術は終了。


手術を終えた加地先生の元に田波の妻・葉子(立石涼子さん)の姿がありました。


一時は、加地先生に病院から出ていけとばかりな事を言われたものの、容態が急変した茂男を救ったことに葉子はしきりと感謝するのでした。


その姿を見ていた岬と院長の沖田良純(佐戸井けん太さん)


自分はいい医者になろうとしていた。お金もいらないと思っていたが、本当にいい医者というのは患者が救える医者だ。


ただの、お金が好きな最低の医者だと思っていた加地先生から岬は医者として大切なことを学んだのでした。


医局では手術に立ち会った、外科医・鳴海哲平(飯田基祐さん)、麻酔科医・磯野康介(伊東孝明さん)、看護師長・小島絵美(宍戸美和公さん)が、加地先生の手術の技術の高さに感嘆していた。


誰も気がついていなかった三船遥香の虫垂がんに、初めてCT画像を見てたときから気づいていたんじゃないか?驚くメンバーたち。


さすがドクターYだ、と言う声が漏れてきます。


すると鳴海が「ドクターY♪ドクターY♬御意!」と音頭を取り始めます。


ドクターYコールで盛り上がる医局のみんなですが、最後はドクターYじゃなくて「ドクター御意」になってしまいました(笑)


その頃加地先生は、三船遥香の病室を訪れて予後の確認をしていました。


三船遥香は、だたの盲腸ではなく虫垂がんであったことに気が付き、無事手術を終えてくれたことにお礼を伝えます。


加地先生は三船遥香が開腹にしてくれと言ってくれて助かったと言います。虫垂がんなら腹腔鏡よりも開腹手術が良かったのです。


手術前とはうって変わって三船遥香に砕けた態度で接する加地先生。


%e4%b8%89%e8%88%b9%e9%81%a5%e9%a6%99110302

「金を出しておけばなんでも言うことを聞く医者だと思ってたんだろ」

と、言われ思わず笑う三船遥香。


三船遥香は、来年のコンクールには参加しようかなと加地先生に伝えます。


ピアノのおかげでがんの手術ができたのだからと。そして、ピアノを弾かないでいると禁断症状も出てくるから、と。


禁断症状が出ると周りに「オペしたい~!」と不満を爆発させる誰かを想起させながら、周りに迷惑かけるなよ~と加地先生は言い残して三船遥香の部屋を出ていきました。


%e4%b8%89%e8%88%b9%e9%81%a5%e9%a6%99%e8%ac%9d%e7%a4%bc%e9%87%911103

加地先生が座っていた椅子に三船遥香が渡した封筒が残して(わぉ!)。


三船遥香の部屋から出てくた加地先生を見つけた父親の三船勝之(山路和弘さん)は、加地先生にしきりと頭を下げてお礼を伝えます。


「いえいえ、そんな(笑)」と笑顔で謙遜する加地先生。


三船勝之がお礼を言い終えてその場を去ろうとすると、

「いえいえ、そんな~(悲)」と三船勝之の腕を掴み何かを訴える加地先生。


はっ!と気がついた三船勝之は、加地先生に謝礼金を渡すのでした。


%e8%ac%9d%e7%a4%bc%e9%87%911103

再び笑顔で謝礼金を受取る加地先生でした。


謝礼金をたんまりもらってホクホクの加地先生ですが、今度は港で海を見ながら七輪で何かを炙って食べていました。


そこへ電話がかかってきました。


電話の相手は何度も加地先生を呼び出していた大門未知子(米倉涼子さん)


思わず「デーモン!」と言いながらも電話に出る加地先生。


%e5%a4%a7%e9%96%80%e6%9c%aa%e7%9f%a5%e5%ad%90110301

これから大洗に行くという未知子ですが、加地先生はもう手術は終わったことを伝えます。


そして、「私、成功報酬もらったので!じゃあな!」と言って電話を切ってしまうのでした。


一方、神原名医紹介では神原晶(岸部一徳さん)が、大洗に旅行へ行く準備を整えて二階から降りてきました。


未知子にでかけるわよ!と言うも、未知子は手術ができないから行かないと言います。


%e7%a5%9e%e5%8e%9f%e6%99%b61103

構わず、行くわよ!という晶さんですが、なななんと!大洗への旅行のチケットの期限が切れていることに気が付きます!


%e5%a4%a7%e9%96%80%e6%9c%aa%e7%9f%a5%e5%ad%90110303

%e5%a4%a7%e9%96%80%e6%9c%aa%e7%9f%a5%e5%ad%90110305

叫び声を上げる晶さん。そして、「ワ~~~~~~~イ!!!???(why?)」と叫ぶ未知子なのでした(笑)


医局に戻ってきた加地先生は、岬に手術の症例報告を書くようにお願いします。


岬は、不満そうな顔をしたかと思ったら、

「御意(笑)」

と言い笑います。


思わず加地先生も笑ってしまいます。


仲直りした様子を見ていた医局員たちも、岬をからかいながらも嬉しそうに笑います。


院内の廊下を歩く姿と共にエンディングのテーマが流れます。

「群れを好み、金を愛し、腹腔鏡のスキルと、要領の良さだけが彼の武器だ。外科医・加地秀樹。またの名をドクターY」

%e5%8a%a0%e5%9c%b0%e5%85%88%e7%94%9fy110302

決めのセリフと共に加地先生のYポーズで、ドクターY完結です!


【スポンサーリンク】


ドクターYの感想

いや~ドクターYがラストを迎えてしまいましたね(泣)


ドクターX4でも未知子と一緒に手術をしてイケイケな加地先生ですが、ドクターYでも未知子顔負けの手術を連続で成功させました。


未知子に似てきたというか、ピンチのときに現れて難しい手術を成功させるスタイルが様になっていましたね(笑)


今回のドクターXシリーズ初のスピンオフ作品のドクターY。


1話あたりが約10分前後だったので、サクっと見ることができました。


それから、どっちかというとコメディよりだったので、気楽に見ることができたので、後半のシリアスな場面はいつもより緊張感を感じることができました(笑)


また、スピンオフ作品とは言えクオリティはドクターXに引けを取りません。


しっかりとロケも行われていますし、小道具とかも充実してましたね。


最後はドクターYこと、加地秀樹先生がかっこよくYポーズを決めましたし、勝村政信さんのファンにはたまらない作品になったのではないでしょうか?


個人的にも、ドクターY第2期があれば、また絶対に見ると思います。


加地先生については、まだこれからもドクターX4でも見ることができます。


猛者たちの中で飄々と立ち回る加地先生をしっかりと応援していきたいと思いました。


外科医・加地秀樹。またの名をドクターY。再び相まみえるその時まで、さらば!