%e3%80%90%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bcx%e3%83%ad%e3%82%b1%e5%9c%b0%e3%80%91

ドクターx4 ロケ地 病院はどこ?過去シリーズの病院のロケ地も調べました!

ドクターX4では、ドクターXシリーズ過去作品でも度々名前が登場していた「東帝大学病院」が舞台になります。

ドラマの中では日本の最高峰の大学病院という設定になっており、ドクターX1、2で登場した帝都医大を統括しているという会社で言えば、親会社のような位置づけになっています。


ドクターX3では、国立高度医療センターで東の東帝大学病院派閥と西の西京大学派閥という形でも名前が登場しました。

東西の最高峰の大学病院というと、なんとなく現実の世界にある大学としては東大、京大という名前が頭に浮かんできますね。

実際のところのモデルがどうなっているのか調べてみました!

また、ドラマのロケで使われた病院などもまとめていきます。


【スポンサーリンク】


ドクターX4の病院のロケ地はどこ?

まず最初にドクターX4の舞台となる東帝大学病院についてです。

こちらのロケ地として使われたのは、

東京工科大学の蒲田キャンパス

のようです。

%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bcx4-%e6%9d%b1%e5%b8%9d%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%97%85%e9%99%a2

%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bcx4-%e6%9d%b1%e5%b8%9d%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%97%85%e9%99%a2-02


日本最高峰の大学病院ということで、ロケ地として使われるにしても、その趣は最先端かつ最新であることが必要になるんじゃないかなぁと確信していました(嘘ですw)。

調べてみたら、東帝大学病院のロケ地として使われたこちらの東京工科大学の蒲田キャンパスは、2014年から工事が始まり今年2016年の6月末ころに完成した真新しい建物です。

とてもきれいなところですよね!

こんなきれいなキャンパスで大学ライフが送れたら楽しそうですね。


※追記

撮影に使われている東京工科大学(および日本工学院)蒲田キャンパス(3号館)の竣工は2010年で、2016年に新しく出来たものは同施設内の多目的ホールです。


※この記事にコメントを頂戴しました。その内容を引用させて頂いております。情報提供ありがとうございました!





ドクターX4 東帝大学病院のモデル

%e6%9d%b1%e5%a4%a7%e7%97%85%e9%99%a2

東帝大学病院のモデルになった病院についてですが、こちらは東の東帝大学病院、西の西京大学病院とあったように、そのまんま東京大学医学部附属の大学病院(東大病院)です。


場所はコチラ↓




ドクターx4 東帝大学病院の歴代院長について

次にドクターXで東帝大学病院の院長を務めていた人物についてです。

まずは、東帝大学病院自体は、第二シリーズの最終話からその名前が出てきました。

『ドクターX 2013 第九話最終回の感想【シーズン2】※ネタバレ有り』

第八話で村田九留美(本田望結さん)が筋繊維芽細胞腫の病に侵されており、その手術をしようとしたら蛭間に手術はさせないと言われてしまうのですが、第一シリーズで未知子の姿勢に感服した毒島(伊東四朗さん)が東帝大学病院の院長である蜂谷宗造(古谷一行さん)に協力を依頼して、東帝大学病院の配下にある帝都医大の蛭間に対して九留美ちゃんの手術を未知子にさせるように命令していました。


第三シリーズでも蜂谷が東帝大学病院の院長を努めています。

西京大学病院の院長であった蛭間は、国立高度医療センターで東帝大学病院派閥がミスをすれば東帝大学病院の院長のポストが空くと虎視眈々と狙っていましたね。

その次に東帝大学病院の院長になったのは、どんな流れかドクターX1に出てきた久保茂(竜雷太さん)が務めますが、東帝大学病院のブランド力の低下の責任を取って辞職します。

そして、その次に久保達と一緒に役務を辞職するはずだった蛭間重勝(西田敏行さん)の策略により、蛭間が東帝大学病院の院長に就任することになります。


順番としては、

蜂谷宗造(ドクターX1、2)

久保茂(ドクターX4の第一話のみ?)

蛭間重勝(ドクターX4)

という流れになります。


ちなみに東帝大学病院は国立高度医療センター理事会に加盟しているという設定です。

ドクターXスペシャル時の設定としては、海老名敬(遠藤憲一さん)が総長代理を務めています。

東帝大学派閥が国内の病院の要職に就いていることになりますね。

この絡みは今回のドクターX4では無いと思いますが、背景を知っておくと面白いのではないかと思います。


ドクターX1の病院のロケ地はここ!

2012年に放送された、ドクターX1の舞台は帝都医科大学付属第三病院です。

この時は、分院という設定でこの時点で先を見越していることがわかりますね!

ちなみに、帝都医大の分院の中では、最高峰という設定。


ドクターX1 帝都医科大学付属第三病院のロケ地

帝都医科大学付属第三病院のロケ地として使われたのはコチラ↓

%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bcx1


ロケ地として使われたのは、芝浦工業大学豊洲キャンパスです。

ドクターX1の最後に辞職に追い込まれた毒島(伊東四朗さん)勅使川原(小林稔侍さん)がこの第三分院の建物の前で、年甲斐にもなくケンカするシーンが面白かったですね(笑)





帝都医大第三分院のモデル

帝都医大のモデルについては、ドクターX2の帝都医科大学付属病院本院を参照ください。


ドクターX1 帝都医大第三分院の歴代院長について

ドクターX1の舞台になった帝都医大の第三分院では、ドクターX4の第一話で院長を努める久保茂が院長をしていましたが、手術中に脳梗塞で倒れたことにより毒島隆之介が病院長を務めることになります。


久保茂(ドクターX1 第一話)

毒島隆之介(ドクターX1 第一話~最終話)


ドクターX2の病院のロケ地はここ!

2013年に放送されたドクターX2の舞台になったのは、分院だったドクターX1からステージがアップして帝都医科大学附属病院の本院が舞台になります。

このドクターX2から、ドクターXシリーズで未知子の宿敵となる蛭間重勝が出てきます。

ちなみに蛭間はこの時は、本院の外科部長という役職を務めています。


ドクターX2 帝都医大第本院のロケ地

帝都医大第本院のロケ地として使われたのは、コチラ↓

%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bcx2

ドクターX2で帝都医大本院のロケ地として使われたのは、なんと群馬県庁です。

県庁を病院の外観として使うというのはすごい発想ですよね。





帝都医科大学附属病院本院のモデル

%e8%87%aa%e6%b2%bb%e5%8c%bb%e7%a7%91%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e9%99%84%e5%b1%9e%e7%97%85%e9%99%a2

ドクターX1の分院を始めドクターXシリーズでも数多くの分院が存在している帝都医科大学付属病院ですが、そのモデルになっているのは自治医科大学附属病院になります。



 

ドクターX2 帝都医大第本院の歴代院長について

ドクターX2の舞台になっている帝都医科大学付属病院本院ですが、ここでは院長は主要なキャストには含まれておらず、外科部長である蛭間重勝が中心に描かれていました。


ドクターX3の病院のロケ地はここ!

ドクターX3では、ドクターX1、2から一気に飛躍した印象です。

というのも、これまではかなり大きな病院だったことは間違いありませんでしたが、国が関わって政治の世界との関わりが出てきたのが、ドクターX3の舞台である国立高度医療センターだからです。

東西の雄達が集った国内医療の最先端を行くという設定でしたね。


ドクターX3 国立高度医療センターのロケ地

ドクターX3で国立高度医療センターのロケ地として使われたのは、コチラ↓

%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bcx3

千葉県の海浜幕張駅近くにある商業施設ワールドビジネスガーデンです。

近くにはライブやイベントなどでよく使われる幕張メッセやイオンの本社、IBMなども近くにあり、新都心という名目で国内外の様々な企業が集まっています。



国立高度医療センターのモデル

ドクターX3の舞台になっている国立高度医療センターのモデルになっているのは、築地にある国立研究開発法人国立がん研究センターです。






ドクターX3 国立高度医療センターの歴代総長(院長)について

ドクターX3では、当初総長を務めていたのは、黒部徹也(中尾彬さん)(第3シリーズ 第1話)でしたが、私腹を肥やすことにしか興味のなく、院内の派閥争いの原因になっているということで理事会の決定で解任になります。

その後、黒部の後を継いで総長に就任したのが、天童義人(北大路欣也さん)(第3シリーズ 第1話~最終話)です。

絶対的な権力の前に誰も逆らうことができない(未知子を除くw)状態ではありましたが、白木さんなど慕う人も多かったですね。

権力を手にしようとするあまり、医療の世界から政治の世界に入るものの、政治の世界は政治の世界で別の権力がうごめいていたことで、最後は天堂も失脚することになります。

でも、北大路欣也さんが演じる天堂は迫力もすごくかっこよかったなぁと思いました。

ちなみに天堂が退いた後は、蛭間がしっかりと総長に就任しています。


黒部徹也(ドクターX3 第1話)

天堂義人(ドクターX3 第1話~最終話)

蛭間重勝(ドクターX3 最終話)
(海老名敬 ドクターX SPにて総長代理)


西京大学病院のモデル

ドクターX3にて東西の覇権争いをしていました。

東は東帝大学病院派閥。そして、西は西京大学病院派閥です。

院長の蛭間の息がかかった医者たちが、あの手この手で国立高度医療センター内で点数かせぎをしようとしていました。

ドラマの中では、東帝大学病院に比べて圧倒的に手術数や症例の報告数が多いことになっています。

海老名敬と富士川清志郎(古田新太さん)の外科部長争いでそんなことを言ってましたね。

ちなみに、東帝大学病院側は手術、症例の報告においての質が圧倒的だと天堂にアピールしていました(笑)


話が少しそれましたが、西京大学病院のモデルになっているのは、京都大学医学部付属病院です。




特定国立研究開発法人 日本医療産業機構のモデル

ドクターX3で、天堂が各省庁に分散された権力を一つに統合して日本医療の発展を加速させる為に力を注ぎ、予算編成の権限を一手に担う理事長の座に就いたのが、長い名前ですが「特定国立研究開発法人 日本医療産業機構」です。

最終的に力を持ちすぎて政界から反発を喰らい理事長を退任することになり、日本医療産業機構の発展に協力した十勝喜子(ジュディ・オングさん)に理事長の座を明け渡すことになりました。

年間(でしたっけ?)数千億円の研究開発費をかけて日本の医療の発展に貢献するということでしたが、それだけ予算があればやりたい放題できそうですね。。。


ちなみにモデルになっているのは、「国立研究開発法人 日本医療研究開発機構」です。




ドクタースペシャルの病院のロケ地はここ!

2016年7月3日に放送されたドクターX SP(スペシャル)。

ドクターX初のスペシャルドラマということや、久々に未知子の勇姿が見られるということで歓喜したファンも多いハズ(笑)

私自身も嬉しくて何回も見ちゃいましたね。

今回は、過去の作品にはあまり登場してこなかった、内科的治療と外科的治療の対決という構図が登場しました。


舞台となったのは、クロス医療センターです。

こちらも日本最先端の医療開発特区に指名されているところで、お金が集まる場所のようですね。


ドクターX SP クロス医療センターのロケ地

ドクターX SPの舞台になったクロス医療センターのロケ地に選ばれたのは、コチラ↓

%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bcxsp


場所は、金沢大学角間キャンパスになります。





クロス医療センターのモデル

ドクターX SPでVIP患者としてクロス医療センターにて内科的治療をしていたのは、CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を患っている氷室光二郎(伊野尾慧さん)様でした。

Twitterなどを見ていて思ったのは、氷室様の一挙手一投足にファンが一喜一憂していて、伊野尾慧さんのファンの熱気はすごいと思いました。

そんな伊野尾慧さんが演じた氷室様についてコチラ↓にまとめています。

『ドクターX 伊野尾慧 吐血が話題!?伊野尾くんの氷室光二郎さままとめ!【動画あり】』


さて、このクロス医療センターのモデルになっているのは(実際にモデルにしているのは指伸医療特区)、先端医療開発特区です。

この先端医療開発特区では、ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授のiPS細胞を使った研究や、再生医療、革新的な医療機器の開発、革新的バイオ医薬品の開発、国民保健に重要な治療・診断に用いる医薬品・医療機器の研究開発などが行われています。

日本医療技術の輸出については、ドクターX3でも天堂が積極的に行おうとしていましたね。


ドクターXの中で描かれているような、医療開発における権力争いがあるのかは分かりませんが、医療技術の進歩において、重要な研究が行われている場所ということで、多くの病を抱えている人を救う研究を頑張ってほしいですね(小並感)。


ドクターX SP クロス医療センターの院長について

クロス医療センターの院長に選ばれたのは、クロス医療センターの名前からとってつけたんじゃないかと思う名前の黒須貫太郎(ビートたけしさん)でした。


このドクターXのスペシャルでは、晶さんが医師免許の剥奪にあったのかが分かるエピソードも盛り込まれましたね。

その原因になったのが、この黒須貫太郎でした。

自らの才能を発揮する場を奪われた人間の哀しさも描かれていましたが、それを演じるのにダークな一面をもったビートたけしさんの怪演に、見ているこっちが緊張する感じがあり、スペシャルドラマとして特異な作品になったなと思いました。


他にも、大門未知子という外科医の人間性についても描かれていて、様々な経験がスーパー外科医としての大門未知子を作っていることがわかりましたね。

ドクターXスペシャルの感想はコチラ↓

『ドクターX 2016 スペシャルの感想!※ネタバレ注意』


ドクターXのロケ地まとめ

最新作であるドクターX4をはじめ、過去作品の病院のロケ地とそのモデルになった病院や法人などをまとめてみました。

ドクターXでは、その時の最先端、最高峰というドラマの中の設定を表現する為に、ロケ地として使う場所も相当に調べて決めているんだろうなと思いました。

時には実際にある病院を使い、時には県庁など、その建物が持つ魅力をドラマの中でいかんなく発揮していて、見ている視聴者としては未知子が権力にいかにも立ち向かっているという気にさせてくれる気がします。


ドクターXが好きなのは、役者さんたちに留まらずそうした制作側のプロフェッショナルな仕事に魅了されているという点も忘れてはいけないなと思いました。

きっと、ドラマの制作においては未知子のように、

「失敗しないので!」

という覚悟で作っているんだと思います。

記事をまとめてみて、益々ドクターXのファンになりました!


【スポンサーリンク】